(平成元年 3月) 現社長が某鋼材販売及び鋼材加工販売会社より独立。
           兵庫県姫路市広畑区高浜町2-28に資本金1000万円をもって(株)日鋼スチール
           を創立。一般鋼材販売、鋼板及び同製品の切断加工販売を始める。                      

(平成4年 3月) ハイメックギャップシャーリング 導入。

  (同年 5月) コータキ精機製M5型アイトレーサーガス切断機、フリーボール盤EFS-750、
           高速ロータリーバンドソー 導入。

(平成5年 4月) コータキ精機製PC300PC門型ガス切断機 導入。M5型アイトレーサーガス切断機にNCを搭載。

  (同年 6月) 仕事の効率化の為、オフコンのシステムソフト大幅に入替える。

(平成9年 3月) 田中製作所製ROBOQ自動ガス切断機 導入。

(平成11年3月) 創立10周年。

(平成11年6月) 兵庫県姫路市広畑区高浜町2-28より、兵庫県姫路市大津区勘兵衛町1丁目87-7
           の現住所へ工場、事務所移転。

  (同年 7月) 移転式典。

(平成11年9月) ㈱アマダ製バンドソーHFA400CNCへ更新。

(平成12年4月) CAD/CAMシステム(大新技研製) 増設。

(平成13年3月) コータキ精機製PC8000CNC自動ガス切断機 導入。

  (同年 8月) 昭和精工製CNCドリルマシーン、ドリル研磨機 導入。

(平成14年9月) 昭和精工製CNC全自動ドリルマシ-ン 導入。

(平成17年4月) CAD/CAMシステム(コータキ精機製) 増設。

(平成17年6月) コータキ精機製PC8800CNCプラズマ切断加工機 増設。

(平成18年5月) CAD/CAMシステム(コータキ精機製) 増設。

  (同年 7月) 光ファイバー通信網 導入。

(平成19年1月) ROBOQ自動ガス切断機からコータキ精機製PC8000CNC自動ガス切断機に入替。

  (同年 3月) 現社長 鐵鋼業界在職50年。記念品配布。(腕時計)

(平成20年6月) 事務所 増築。

(平成20年8月) ショット工場 新築。JFEメカニカル製FK5010Ⅱ型ショットブラストマシン 増設。

(平成20年11月) ㈱タケダ機械製ガセットドリルマシーンGB-800 導入。

(平成21年1月) M5型アイトレーサーCNC自動ガス切断機より、コータキ精機製PC5000CNC自動ガス切断機(マーキングトーチ付)へ更新。

(平成21年3月) 創立20周年。記念品配布。(電波時計)

(平成22年10月) PC8000NC自動ガス切断機より小池酸素工業㈱製INTEGRAPHⅡプラズマ切断機に更新。

(平成23年10月) 二次加工充実の為、㈱ハタリー精密製FVK-20Cプレート開先加工機を導入。

(平成24年5月) コータキ精機製PC8800CNCプラズマ切断加工機HPR-130電源装置をHPR-260HD電源装置に更新。

(平成25年7月) 自家用4t貨物を6t貨物に変更。

(平成26年1月) 本社工場照明を水銀灯からLED灯に変更。省エネ化計画第1弾。

(平成26年1月) コータキ精機製CAD/CAMシステム「CADBOY」から、TAKESOFT製CAD/CAMシステム「Sheet Partner」に更新。 
         
(平成26年3月) 創立25周年。記念品配布。(USB)本社PC、サポート終了に伴い、OSソフトwindows XPからwindows 7に完全更新。

(平成26年4月)  本社事務所電灯完全LED化。

(平成26年5月) 昭和精工製PCM2000LT NCドリルマシーン導入。

(平成26年8月) 「平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業」(通称・ものづくり補助金)申請。選考の上、採択される。

(平成27年3月) コータキ精機製PC8000CNC自動ガス切断機から小池酸素工業㈱製TECNOGRAPH4500DDガス・プラズマ切断機に更新。

(平成28年6月) 自家用1t貨物を2t貨物に変更。
Top page

Copyright©2009 Nikko steel Co.,Ltd All rights reserved

沿革